デザイン一新で、さらに進化したWALKMAN A50 実機レビュー!

 
WALKMAN,NW-A50,実機レビュー,ソニーストア,sony
 
ついに発売したWALKMAN A50シリーズ!
デザイン一新で、さらに進化したWALKMAN A50 実機レビューです!
 
 
nw-a50,walkman,sonyimage
NW-A50シリーズ:21,880円+税~ → 詳細・ご購入はこちらから
→AV10%OFFクーポン使用時:19,692円+税~
image image image
 
 
▼WALKMAN A50シリーズ
nw-a50,walkman,sony
 
 
色は、ムーンリットブルー、ペールゴールド、グレイッシュブラック、
トワイライトレッド、ホライズングリーンの5色展開!
 
 
WALKMAN,NW-A50,実機レビュー,ソニーストア,sony

ZX300と同じようにサイドが丸くなって凄く持ちやすくなりました!
 
 
WALKMAN,NW-A50,実機レビュー,ソニーストア,sony
 
あとボタンも両サイドが丸くなった分凄く押しやすくなっています!
HOLDスイッチも付いているので誤操作防止できて良いですね。
 
 
nw-a50,walkman,sony
今回の進化点の一番大きいところは
『NW-ZX300』を踏襲した総削り出しのアルミキャビネットを採用。
いや~このお値段で贅沢ですよねぇ~(*^▽^*)
ヘッドホンをバランス接続で楽しまないのであればすごく魅力のあるウォークマンです!
 
低音域がさらにクリアで力強くなる音質効果に加え、本体の強度も大幅にアップしている。
ハイレゾ対応オーディオプレーヤーとして音質を徹底的に追求。
ケーブルや基板、本体フレームなどに選び抜いたパーツを多数採用。
こだわりの高音質化設計により、ハイレゾ音源だけでなくさまざまな音源を高音質再生できます。
 
 
nw-a50,walkman,sony
 
その他の内部的な進化を最初に説明すると、
新開発の金入り高音質無鉛はんだをバッテリー接続部に採用。
透明感や艶のあるボーカルの実現を可能に。
 
▼その他の高音質技術です。
・44.1kHz系と48kHz系のデュアルクロック搭載
サンプリング周波数に合わせて2個のクロックを切り替えることで、いずれの信号にも完全に同期。
ベールが取れたような透明感のあるサウンドを実現します。
 
・コンデンサーに「POSCAP」を5基搭載。引き締まった量感のある低音を実現
・電源回路の配置を工夫し、定位向上・ボーカルを安定化
・引き締まった低音を実現する「導電ビス」
・低抵抗ケーブルを採用し、重厚な低音を実現
・厚膜銅箔プリント基板で、濁りのない音色に
・プリント基板にフィルドビア(Filled VIA)構造を採用
 
 
nw-a50,walkman,sony
 
それでは音質のところをチェック!
CDを超える高音質、ハイレゾ音源対応。
・ハイレゾ音源のクオリティーを存分に引き出すフルデジタルアンプ「S-Master HX」
・MP3音源やCD音源などの圧縮音源をハイレゾ相当にアップスケーリング「DSEE HX」
 
 
nw-a50,walkman,sony
 
・高音質ワイヤレスリスニングコーデック「LDAC」に対応
今までのBluetoothコーデックSBCやAACの約3倍もの情報量を転送できるコーデック「LDAC」なら、ハイレゾ音源も高音質でハイレゾ相当で楽しめます。
さらに、高音質・低遅延のaptXコーデックと、48kHz/24bitの音声データが伝送可能なQualcomm aptX HDコーデックにも対応。
aptX HD、aptX対応機器と組み合わせれば、より良い音でワイヤレスリスニングを楽しめる。
 
 
WALKMAN,NW-A50,実機レビュー,ソニーストア,sony
 
かざすだけで簡単Bluetooth接続の「NFC」は背面に装備!
筐体のサイドが丸みを帯びたのでやっぱり持ちやすいし、しっかり作り上げてきましたね!
 
 
WALKMAN,NW-A50,実機レビュー,ソニーストア,sony
 
それでは音楽を聴いてみましょう!
 
 
WALKMAN,NW-A50,実機レビュー,ソニーストア,sony
 
ハイレゾ対応ヘッドホン付属モデルは、このように同色のヘッドホンで楽しめる。
 
 
WALKMAN,NW-A50,実機レビュー,ソニーストア,sony
 
ノイズキャンセリング機能が搭載されているので、ヘッドホンのマイクより周囲のノイズを集音し、ノイズを位相で打ち消し合って騒音を軽減してくれます。
 
 
WALKMAN,NW-A50,実機レビュー,ソニーストア,sony
 
ヘッドホンのプラグはノイズキャンセリングの関係で5極プラグとなる。
ウォークマン本体に接続するプラグは3極のステレオミニプラグでも問題なし。
 
 
WALKMAN,NW-A50,実機レビュー,ソニーストア,sony
 
ヘッドホンにWM-PORTキャップが付いているので、このようにWM-PORTをカバーすることができます。
あと、底面にはストラップホールが用意されているので、好みのストラップを取り付けることが可能。
 
 
WALKMAN,NW-A50,実機レビュー,ソニーストア,sony
 
う~ん、( ・∀・)イイ!!
WALKMAN Aシリーズでいつも良いって思うのが、この専用のヘッドホンの完成度が高い所。
このシンプルさでノイズキャンセリングヘッドホンなのが専用ヘッドホンらしくて良いですね!
もちろん別売りのもっと良いヘッドホンと組み合わせてもらっても良いんですが、本当にこのヘッドホンなかなかのものなので、一度ぜひ聴いてみてくださいね!

音楽転送はPCアプリ「Music Center」を使ってWALKMANに曲を転送します。
本体メモリーは16GB、32GB、64GBから選べます。
 
NW-A55HN【16GBモデル】で以下の容量がウォークマン本体で楽しめます。
●MP3 128kbps 約3,300曲
●AAC 256kbps 約1,600曲
●FLAC 44.1kHz/16bit 約300曲
●FLAC 192kHz/24bit 約40曲
●DSD 2.8224MHz/1bit 約70曲
 
 
WALKMAN,NW-A50,実機レビュー,ソニーストア,sony
 
本体メモリーが足らなくなっても、外部メモリーでmicroSDカードが利用できるのでご安心を。
 
 
WALKMAN,NW-A50,実機レビュー,ソニーストア,sony
 
microSDは200GBでも対応しているので遠慮なく大容量化ができます。
それと、内部メモリーと外部メモリーは特に切り替える必要はなく、
シームレスに音楽管理ができているので凄く便利ですよ!(*^▽^*)
 
 
WALKMAN,NW-A50,実機レビュー,ソニーストア,sony
 
今回、新機能として、「Bluetoothレシーバー機能」がおもしろい!
 
WALKMANにはWi-Fi機能がないので、
「Google Play Music」や「Spotify」などのストリーミングサービスの音楽が楽しめません。
そこでBluetoothレシーバー機能で、スマホの音をBluetoothレシーバー機能を使って飛ばすことができます。
 
 
nw-a50,walkman,sony
 
スマートフォンやタブレット内の音源や、ストリーミングサービスの音楽を
Bluetoothでウォークマンに飛ばして、「S-Master HX」や「DSEE HX」を通して高音質に聞くことができます。
ウォークマンのさまざまな音響処理技術をかけることもでき、音楽の楽しみ方がさら広がりました。
 
 
アナログレコード再生で生まれる音響現象をDSP技術で再現する「バイナルプロセッサー」
 

WALKMAN,NW-A50,実機レビュー,ソニーストア,sony
 
アナログレコード特有の楽器の自然な音色、
豊かなボーカル表現、ステレオ空間の奥行きや広がりなどを再現します。
ウォークマンでは、トーンアーム・レゾナンス、サーフェスノイズ、
ターンテーブルフィードバック(盤音)のうちどれかだけを選択して使うことができるようにしています
 
【特集】アナログレコード特有の音響効果をデジタルで再現。音の豊かさや広がりを感じる「バイナルプロセッサー」
 
 
WALKMAN,NW-A50,実機レビュー,ソニーストア,sony
 
それでは新旧の見た目の違いも見ておきましょう!(*^▽^*)
 
 
WALKMAN,NW-A50,実機レビュー,ソニーストア,sony
 
やはりこの丸みのデザインは良いですね!こだわりが感じられます。
 
 
WALKMAN,NW-A50,実機レビュー,ソニーストア,sony
 
操作ボタンもシンプルに!押しやすくご操作しにくくなっています。
 
 
WALKMAN,NW-A50,実機レビュー,ソニーストア,sony
 
背面比較。丸みの分、背中が狭く感じて少しスリムに感じてしまいますね!
 
 
WALKMAN,NW-A50,実機レビュー,ソニーストア,sony
 
WALKMANロゴの位置も変わって、出っ張りがなくなりました。
 
 
WALKMAN,NW-A50,実機レビュー,ソニーストア,sony
 
WM-PORTの位置もしっかり中心に配置されたのでクレードルなんかに挿しやすくなりそうですね!
 
 
WALKMAN,NW-A50,実機レビュー,ソニーストア,sony
 
いかがでしたか?
WALKMAN A50シリーズは、パット見では分かりませんが、
お値段据え置きで相当進化していました。
バランス接続で楽しまないのであればかなり魅力なウォークマンですよね!
ぜひ一度体験してみてはいかがでしょうか?(*^▽^*)

nw-a50,walkman,sonyimage
NW-A50シリーズ:21,880円+税~ → 詳細・ご購入はこちらから
→AV10%OFFクーポン使用時:19,692円+税~
image image image
 

-------------------------------
 
ちょっとしたお願いごとです。
もし、ソニーストア直営店(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)で
商品ご購入の際には、当店のショップコード「2029001」をお伝えいただければ幸いです。

image_thumb52_thumb

当店はソニーストアと業務提携をしている「e-ソニーショップ」です。
ホームページ・ブログを通してソニー製品の魅力をお伝えしつつ、
ご購入のアシストをさせていただいています。
ソニーストア直営店「銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神」など
リアル店舗でご購入の際には
当店のショップコードをお伝えいただくと当店の成績となります。
もし、ブログの内容など参考になり気に入っていただけるのであれば
ぜひともご協力いただければ幸いです。
厚かましいですが、よろしくお願いいたします。

image112[2] 

ワンズのホームページへ 

▼店舗情報 -----------------------------
ソニーショップ ワンズ (ショップコード:2029001)
〒675-1371 兵庫県小野市黒川町1687
TEL:0794-63-7888、URL:http://www.ones.co.jp

----------------------------------

LINEで送る
Pocket